老化を遅らせる方法

人間は生まれた時から老化へと進んでいく運命です。
「生理的老化」と「病的老化」という分け方をするなら、「生理的老化」は遺伝子に組み込まれた老化であり避けられないとしても、「病的老化」は生活習慣を見直すことで避ける事は可能です。

例えば、肌老化の80%は紫外線によるものだと言われています。紫外線対策をした人としない人では、大きく差が出てくるでしょうし、屋内での生活が多い人に比べて屋外にいる時間が多い人は、、それだけ紫外線の影響を大きく受けることになるでしょう。

老化=エイジングを遅らせるということは、美容面だけでなく病気予防の面でもとても大事なことなのです。

活性酸素を作らせない・減らす

身体の中に活性酸素が増えると、身体がサビる状態になるので老化や病気が発症する原因と言われています。
紫外線を大量に浴びると、活性酸素が増えることがわかっており、病気だけでなくしわやニキビ悪化の原因にもなります。

他に、ストレスや喫煙、不規則な生活、偏った食生活、アルコールの飲み過ぎでも活性酸素は増えるので、紫外線同様、生活習慣を見直すことも大事です。

自然治癒力=免疫力のある体を作る

傷ができたり、病気になっても、通常は時間の経過とともに自然に治ります。病院で注射を受けたり、薬をもらって飲んだりすることは、体の調子を整えるのをサポートする働きはありますが、身体自体が治ろうとする自然治癒力がないと人間は生きていけません。
自然治癒力が低下することが老化の一部であり、傷や病気の治りが遅くなったり、回復しにくくなってしまいます。

自然治癒力をできるだけ維持することが、老化を防ぐ大事な要素なのです。

Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>